着物買取比較

着物買取比較ランキング.com|今すぐ高額で買取してもらえる業者TOP5 TOP

今すぐ高額で買取してもらえる業者をご紹介!

着物を買取って貰うきっかけは、家のタンスに長くしまわれていた着物。
約30年ほど前に母が来ていた着物で、大切にしまっていたのですが、
それを処分したいというので、色々と調べることにしました。

母は、そのまま処分するよりも、もっと他の方法が見つかれば、と思っていたようです。
いろいろ調べているうちに見つけたのは、着物の買取業者です。
処分するよりも買い取ってもらった方がいいと思ったので、
「もしかして古い着物でも買取してもらえるかもしれない」と母に相談したところ、どうせ処分するのだから、
買取をしてもらえてまた次の人に着てもられるなら嬉しい…と賛成してくれました。

そこで、思い切って買取業者で査定をしてもらうことを決意。
やはりどうせ売るなら高額で売りたいと思うのは当然ですから、
できるだけ高額で買い取ってくれる買取業者をたくさん調べました。

結構大変ではありましたが、その時に調べた買取業者をランキング形式でご紹介しています。
しかも高額だというだけではなく、今すぐ買取をしてくれるかどうかも合わせて調査しているので
、「今すぐ高額に買取をして欲しい!」という人にぴったりな業者ばかりです。

やはり着物というのは今もまだ価値があるものですから、捨てるのはもったいないです。
今すぐ高額に買取してくれる業者が見つかってよかったと思います。


着物買取動画で確認↓画像をクリック

着物を今すぐ高額で買取

 現在 今すぐ高額に買取業者TOP5!


着物買取比較

着物の豆知識

古来から続く『結城紬』の歴史

「結城」とも呼ばれる『結城紬』は、奈良時代の古来から朝廷へ献上される歴史を持ち、現在においては国の重要無形文化財にも指定されている高級織物です。

『結城紬』の誕生の歴史とその生産地

『結城紬』の歴史は、伝承によると「常陸風土記」等に記され、崇神天皇の時代に、多屋命(おおやのみこと)と呼ばれる人物が、長幡部?(ながはたべのあしぎぬ)という織物を始め、それが結城地方(現在では、栃木県の小山市~下野市付近、茨城県は結城市周辺地域)に伝わり、次第に『結城紬』として発達したと言われています。歴史的に結城地方は、源頼朝の鎌倉時代から、江戸時代に至るまで、この地方を支配した「結城家」が支配し、室町時代には守護大名にまで上り詰めた質素を尊ぶ武家で、この結城家によって質実剛健な風合いが特徴のこの紬が広く受け入れら、この地で発展したことが、結城紬の歴史が長く続き、今日まで繁栄するきっかけとなりました。

『結城紬』の中近世における発展の歴史

『結城紬』発展の歴史の端緒は、1322年の南北朝が鼎立する室町時代に、?が「常陸紬」と呼ばれ、『庭訓往来』において諸国の名産品の一つとして記載されたことに始まります。1601年には、この結城地方の代官・伊奈忠次が、この『結城紬』に京都や信州の織物技術を取り入れさせ、品質の改良や向上を行い、『結城紬』の知名度を高めることに成功します。また、歴史的に『結城紬』の名前が確認できる最古の書物は、1638年刊行の「毛吹草」です。そして1712年には、最上級品の紬であるとして、『和漢三才図絵』にも紹介されるほどの発展を遂げ、歴史に名を刻みます。

世界的に知名度が拡大する『結城紬』

『結城紬』が誕生する奈良時代から、日本国内で最上級品の紬として知名度を高めた江戸時代まで、様々な歴史的側面を持つ『結城紬』は、1873年にウィーンで開かれた万国博覧会においても出品され、世界的にもその名前が知られるようになります。1953年には『結城紬』の平織及び縮織が、茨城県の無形文化財に指定されます。そして1956年には、その歴史的価値が評価された『結城紬』の平織が、国の重要無形文化財にも指定されます。その後、栃木県の伝統工芸品や茨城県の郷土工芸品に指定されるなど、歴史的評価が更に高まった『結城紬』は、2010年にはユネスコ(UNESCO)の無形文化遺産リストにも登録され、その歴史的価値が世界の舞台においても、高い評価を受けるようにまで発展しました。



日本文化の付け下げの歴史について

付け下げの歴史について紹介します。日本文化が様々ある中で、付け下げが歩んできた歴史はどのようなものなのでしょうか。

付け下げとは

付け下げとは、訪問着とよく似た形の着物です。かつての歴史で第二次世界大戦の時に発明され、未婚や既婚を問わず着ることが出来ます。様々な場面で華やかに装うことが出来ますが、付け下げが似合う場面もあります。例として、パーティや小さな集まりなど、実際に訪問着を着ていくには大げさだと思う場面で使用します。 訪問着との違いは、縫った目の部分に柄が被さらないように描かれている点です。訪問着は、全体が繋がったような模様で描かれています。これが大きな違いです。付け下げは歴史を歩んでいく中で、訪問着に比べて地味とはいえ、要所にしっかりと模様が描かれているシンプルな着物として日本文化の歴史の中で使用されていました。

付け下げが生まれた歴史

付け下げが生まれたのはヨーロッパや各地に影響を与えた第二次世界大戦の時でした。その当時の歴史では、華やかだった訪問着の着用は禁止されていました。このような派手な服装が禁止されている中で、訪問着と比べてやや地味な付け下げが考案されたという歴史があります。訪問着の代わりに着用できる社交用の着物として当時の日本で流行しました。このやや控えめな模様は、茶席の着物に向いていて、茶人の着物としても使われています。 歴史を歩んだ現在では、まるで訪問着のような高級感がある付け下げや、逆に付け下げのような訪問着なども開発されました。

付け下げの柄付け

付け下げの柄付けは様々あります。その控えめな模様から加工しやすいというのもこの付け下げの特徴といえるでしょう。かつての歴史では、茶席などにも控えめな模様のまま着用していましたが、今では帯などを用いて加工することもあります。今では今までの歴史と異なり華やかなものも生産されているため、それをそのまま購入して使うことなどもあります。 ですが、基本的によそゆきの着物として用いる場合は、あっさりした柄の付け下げに、織りの名古屋帯や染め帯などを合わせます。この名古屋帯も非常に歴史が深く、日本文化に貢献してきました。

付け下げの特徴について

訪問着と小紋の中間に位置づけられている付け下げは、柄の選び方次第で訪問着に準じたり、小紋のような感覚で着れたりするのが特徴です。今回はその付け下げについて詳しく見ていきます。 付け下げの特徴について 付け下げの主な特徴は、着尺です。訪問着は仮縫いをして染められているのに対して、付け下げは反物で染められているのが大きな違いになります。 一般的に反物で染められた付け下げは、ポイントとなる所に絵柄が描かれている事が多く、シンプルで上品な柄行になるのが特徴です。付け下げの柄付けの特徴には、左右の見頃や肩から袖にかけての模様がつながらなかったり、胸と衿の模様がつながらなかったりする事が挙げられます。また全ての模様が上を向いていたり、ポイント柄に飛び柄が多い事なども、付け下げの柄付けの見分け方の特徴となります。

訪問着と小紋の中間にある付け下げ

訪問着や小紋とは違った特徴を持つ付け下げは、それぞれの中間的な存在としても位置づけられています。付け下げは戦時中に出来たという一説があります。当時は国民に質素な生活を求められていたため、政府は国民が華やかな柄付けが特徴的な訪問着を禁止されていました。そのため控えめな柄付けで訪問着の代わりになる社交着として付け下げが誕生したと言われているのです。 現在では訪問着より略式で小紋よりよそ行きというのが特徴的な付け下げですが、これは時代の流れにより多くの柄付けの付け下げが造られていった事が大きく関係しています。