着物買取比較ランキング.com|今すぐ高額で買取してもらえる業者TOP5 TOP着物買取 コツ >高額なものはズバリこれ!

高額買取が実現する着物をご紹介

売りたい着物の状態によって変わる買取の金額。
それも踏まえて査定をしてもらうのですが、ある程度高く売れる着物にはどのようなものがあるか、
調べておくといいと思います。

もしも安く査定をされてしまった場合に、高く売れるものならば査定についての訂正をお願いできるでしょう。
自分で知識をつけておくというのは非常に大切なことなのです。

今回は、実際に高く売れる着物についてご紹介しておきます。
まずは産地が有名なものです。大島紬や結城紬というものです。
こういう着物は高く売れる可能性大ですから、自分の着物の産地について知っておきましょう。

また、有名作家の着物も高く買い取ってもらえるはずです。
北村武資など人間国宝のものともなると、帯だけでも20万円以上の高額な価値があります。

加賀友禅の柿本市郎の着物も当然高値がつき、10万円から20万円程度の価格がつくはずです。

さらに、複数枚売る場合は査定額も少し高めにしてくれる場合が多いでしょう。
もちろん、このような商品名だけでは判断できないところもありますが、
通常は安く買い取られてしまうような状態のものでも、有名作家や有名な産地のものとなれば、
高値がつく可能性も高い、ということです。

一般的に、着物は高額買取をしてもらえることがほとんどです。
どうしてか、理由をご存知ですか?
もちろん、購入する時点で高額なので買取をしてもらうときも当然査定も高くつくというのは当たり前なのですが、
他にもいくつか理由があります。

まず、昔の着物は丈夫なものが多いということ。
生地や縫製も丁寧に作られており、世代を超えて愛用し続けることができるのが着物。
年数が経っていても何の問題もなく着用できるということからもうかがえるでしょう。

そして、古い着物は貴重で人気があるということ。
もう亡くなられた有名作家が作製した着物はそれだけでも商品価値が高く、
また年代物の着物は今では入手困難である点から、理由として挙げられるのです。

また、そのような稀少な着物は価値が高いということを知っている方が多いため、
市場に出回っていることがほとんどありません。それがより高額査定へと押し上げている要因と言えるでしょう。

つまり、中古品ほど需要が高くなるのが着物であり、中古品ほど高額で買取をしてもらえるというわけなんですね。ご自宅に眠っている先代が着用していた着物、実はものすごいプレミアがついているかもしれませんよ。一度査定だけでもしてみる価値ありです!

着物を高額買取してほしいという方がほとんどかと思いますが、一気に査定額がぐんと上がるポイントと言えば、”有名作家の着物であること”なんです。有名作家が作った着物ですと、査定額が通常の着物と比べても何倍も増え、お品物によってはケタが増えるということも。こちらのページでは、有名作家についてご紹介したいと思います。ぜひお手持ちの着物が該当するか、調べてみてくださいね。

●有名作家一覧●

・由水十久(ゆうすいとく)
加賀友禅の代表的な作家のひとりで、草花模様が美しいと評判です。特に初代由水十久の作品は稀少価値がとても高く、高額買取が期待できます。

・森口華弘(もりぐちかこう)
友禅染めの人間国宝としても知られている代表的な作家のひとり。大胆なデザインが非常に評価されており、「蒔糊技法」という珍しい手法を用いた友禅染め作品が有名です。

・羽田登喜男(はだときお)
こちらも友禅染めが有名な人間国宝です。その色使いやぼかしなどの技術は、着物を見た人がすぐに彼の作品であることに気づくほど。

・松井青々(まついせいせい)
現在は三代目がいますが、特に初代のものが高額です。松竹梅や菊の柄がとても美しく大胆で、優美さも兼ね備えています。

着物買取動画で確認↓画像をクリック

着物買取で高額なものはズバリこれ!